全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

「夏への扉」再読

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))

ハインラインSF小説夏への扉」を買って再読。実は、高校時代に読んでいたく感動したのを思い出してまた買ってみたのはいいが、私は同じ本をあまり繰り返し読まないので、「他に読みたい本がいろいろあるのに効率の悪いことをしたな」と思い始めていたのだった。しかし読み出すとそんなことは関係なし。夢中で一気に読んでしまい、最後は昔と同じくすがすがしい気持ちになれた。やはり傑作である。

この小説が発表されたのは1957年、舞台は1970年と2000年〜2001年。2000年は「未来」として描かれているが、もう過ぎてしまった。実現されたことになっている技術は実際にはほとんど現実のものになっていない。しかしこの小説を楽しむのに特に支障はない。

ただ、ストーリーはもっと複雑だったという印象があったのだが。記憶のトリックで過度な期待を持ってしまっていたということなのかもしれない。