全脳学習帳 自由帳

より考えるために書く

何十年かぶりに「ローマの休日」を観た

TOHO系の映画館で「午前十時の映画祭8」というのをやっている。昔の名画を朝10時から上映するという企画。古い映画だからか、料金は割と安い。

その中で今年「裏窓」「ショーシャンクの空に」「ローマの休日」を妻と観に行った。「ショーシャンク」も非常によかったのだが、やはり「ローマの休日」。今年一番よかった映画を挙げるとするならこれである。

asa10.eiga.com

小学生の時にテレビの映画劇場で観たきりだった。その時にもいい映画だと思ったが、当然それから自分の感性も考え方も変わっている。それにこの名画を映画館で観たことがないのは残念なことだと思っていたのである。

まったくもって圧倒された。ストーリーだけでなく、細かいところにも工夫がこらされていて、飽きさせない。笑いどころもかなりある。こんなに行き届いた映画だと思わなかった。終わった時の妻の第一声も「おもしろかったー」。

オードリー・ヘップバーンは決して好みのタイプの女優ではないのだが、この映画ではただただ美しい。最後の記者会見のシーンには、筋がわかっていても引き込まれる。

いい映画は、何十年経っても色褪せない。やっぱり映画館に観に行ってよかった。

年賀状を(ほぼ)やめることにしたら楽になった

年賀状は毎年70枚あまりを書いてきたのだが、年々それがきつくなってきた。

印刷だけですますということはしたくないので、全員に必ず何かメッセージを書くようにしている。それは変えたくないが、手書きでものを書く機会が減ってきたためか手がくたびれるし、長い間会っていない人には書くことがない。12年前(同じく戌年の年賀状を書こうとしていた)のエントリにもそんなことを書いていた。

rice-addict.hatenablog.com

それに加えて、年賀状をやめてFacebookなどでの挨拶だけですませるという人が増えてきて、年賀状を出すことの「マスト感」が近年急速に薄れてきた感がある。

実際、年賀ハガキの発行枚数の減少は著しい。

www.garbagenews.net

嵐が「そうか! 平成30年か!」と意味不明なことを言ってみても、この凋落を止められるとは思えない。

というわけで、今年も年賀状を書くのがおっくうだおっくうだと思っていたのだが、いよいよ押し詰まってきてついに決心した。今年から枚数を大幅に減らすことにする。具体的には、親族だけにしか出さないことに決めた。わずかに8枚。それでも絵柄を決める必要はあるが、労力はぐっと減る。返事も出さないことにする。

これまで年賀状を書かせていただいていたみなさん、申し訳ありません。でもこれでスッキリしてます。

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 50周年

ビートルズの大名盤「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」が発売から50周年を迎えたことを最近知った。

The Analoguesというバンドがこのアルバムの完全コピーライブを行っている。YouTubeを徘徊していてたまたま見つけた。


Sgt Pepper 50 year later; Live in Concert; 20170602 The Analogues

これを観ると、特にポールのベースが重要な役割を果たしていたのだということが改めてよくわかる。そしてこのThe Analogues、どの曲もすばらしくうまくコピーしている。特に"Within You Without You”には感嘆。バンドメンバーによるシタールとディルルーバ(というらしい)もいいが、なかでもNiti Ranjan Biswasというゲストミュージシャンのタブラがすごい。

そして、Sgt. Pepper’sのリミックス版が出ていることも知った(知ってしまった)。 

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)(4CD+DVD+BD)

 

この「スーパーデラックスエディション」はCD4枚とブルーレイ1枚・DVD 1枚という構成で、以下が入っている。

  • CD1: アルバムSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandを新たにステレオでリミックスしたバージョン
  • CD2, 3: 収録されなかったテイク集(Strawberry Fields Forever、Penny Lane含む)
  • CD4: アルバムSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandのモノラルミックス + Strawberry Fields Forever、Penny Laneなどのモノラルミックス
  • BD5, DVD6: アルバム + Strawberry Fields Forever、Penny Laneの5.1チャネルオーディオミックス、プロモーションフィルム、ドキュメンタリー"The Making of Sgt. Pepper"

うーん、こんなものを出されたら買うしかないではないか。注文してしまった。2009年のデジタル・リマスター盤(ステレオモノラル)に続いてまたしても乗せられたのである。これでSgt. Pepper'sは都合7バージョンを持つことになる。聴き比べてみよう。

"The Making of Sgt. Pepper"は、テレビ放映された時にVHSに録画したのをDVDにダビングして大切に持っている。これがよい画質で観られるのはうれしい。

年末年始の楽しみが増えた。本当にビートルズは一生ものである。

「なるほどですね」という言い方はありなのか

ある人と話していて、私が何かを説明するたびにその人が「なるほどですねー」と言うのが気になった。そんな言い方を聞いたことがなかったのである。

「なるほどですね」というのは日本語として正しいのだろうか? 調べてみた。

www.nhk.or.jp

少なくとも敬語としてあまり適当でない言い方だとは言えそう。ただしこの記事によると、九州・沖縄地方の人たちには比較的抵抗感が少ないらしい。

私の妻が長崎出身なので聞いてみると、「なるほどですね」は聞いたことがないという。ただ、妻の実家に帰省すると

「だいぶ涼しくなりましたけど、湿気がですねー」

のような言い方をよく耳にする。ニュアンスを伝えるのが難しいのだが、「湿気がですねー」はそこで文章が完結していて、「湿気がまだ多い(ので不快)ですよね」というような意味。

こういう言い方があるので、「なるほどですね」にもあまり抵抗感がないということなのかもしれない。

私個人の違和感はどうやら、感動詞(間投詞)である「なるほど」を名詞(あるいは形容動詞)のように扱って「です(ね)」をつけていること、「ですね」と同意を求めるような言い方になっていることにありそうである。

宝くじは買わない

news.allabout.co.jp

私は金持ちではないが、宝くじを買ったことがない。どうも買う気がしない。

妻は時々買っていて、ごくたまに3000円ぐらい当たったりする。しかしトータルではマイナスである。そりゃ普通そうなるわな。

上の記事にもあるように、宝くじの還元率(元手が戻ってくる率)は40%台で、数あるギャンブルの中でも最低クラスである。

oncasinojapan.info

たとえば競馬は75%ぐらい。ずっと率がいい。ただし税金がかかるらしいが、それでも宝くじよりは上。つまり何の研究もせすにランダムに馬券を買っても、宝くじよりだいぶましということになる。

さらに率のいいのがある。何もしないことである。これなら還元率100%。

もちろんこれは平均での話で、競馬では普通の元手で何億円も当たることはないし、「何もしない」のは決して儲からない。宝くじなら、ものすごく小さい確率ながら、数百円〜数千円の元手で数億円(今年の年末ジャンボでは1等+前後賞2本で10億円)を手にできる可能性がある。

だが、もしも数億円入ったとして、それで今より幸せになれるのだろうか?

高額当選者が不幸になったという話はよく聞く。自分が当たった場合のことを想像しても、ロクなことが思い浮かばない。周囲に隠しておかないといけないだろうし、使い道を考えるのも気が重い。変なものに手を出したりして取り返しのつかないことになるリスクもある。

少額の宝くじ購入で夢を見られる人は買うといいと思うが、私は上記のようなことを考えてしまい、さっぱり夢が見られないのである。

♪宝くじは買わない だって僕は お金なんか いらないんだ…
(「宝くじは買わない」RCサクセション)

年間100冊は間近

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

本を年間100冊読むコツ」というエントリを書いた。今年もあとわずか。1月から今月末までに100冊読めるか、追い込みの時期である。

booklog.jp

これを書いている時点で、今年読了した本(マンガを除く)は97冊。忙しかった10月に4冊しか読めなかったのは痛かったが、それまでの貯金が利いた。あと11日で3冊というのはかなり楽なペース。

昨年に続いて年間100冊は達成できそうになってきたが、気を抜かないでいこう。「途中でやめてしまっている本の棚卸し」もしておきたい。

チェスも将棋も! AlphaZeroのすごさ

10月にAlphaGo Zeroのことを書いたが、先週はさらにすごいニュースが。

nlab.itmedia.co.jp

あんぐり。

AlphaGo Zeroがゼロから人間やそれまでのAIを超えたといっても、現在のところはあくまで囲碁に限った話、と思っていたのだが、まさかこんなに早くチェスや将棋にまで応用されてしまうとは。しかもニューラルネットワークのアーキテクチャ(?)としては同じもので囲碁にもチェスにも将棋にも使えるという。

wired.jp

本当に、これからの展開に目が離せない。

DeepMindの論文はこれ。

Mastering Chess and Shogi by Self-Play with a General Reinforcement Learning Algorithm (PDF)

将棋の方は、自己学習を始めてから2時間でelmo(今年の世界コンピュータ将棋選手権優勝ソフト)を超えたという。1手1分で100戦して90勝8敗2引分け。とんでもなくすごい。人類が何百年もかけ、将棋ソフトもようやく近年になって到達したレベルをやすやすと跳び越えてしまったということになる。

チェスでは世界最強のオープンソースチェスエンジンであるStockfishと100戦して28勝0敗72引分け。引分けの多さが目を引く。それと、28勝のうち25勝が白番(先手)でのもので、黒番(後手)では3勝しかしていない。このレベルになると先後の差は非常に大きいと見える。

そう、「NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」で、羽生さんとハサビス氏がチェスで対戦して、確か1勝1敗だった。

チェス以外のターゲットとして、シャンチー(中国将棋)やチャンギ(朝鮮将棋)ではなく日本の将棋が選ばれたのは、案外羽生さんとの交流があったからかもしれないな。持ち駒を使える(だから終盤の変化が多い)というユニークなルールに注目したからかもしれないが。

選択的夫婦別姓制度について(3)

2年前に、現在の「夫婦同姓」は違憲かどうかを争う裁判があった。

www.iza.ne.jp

明治時代から続く、夫婦別姓を認めない民法の規定の違憲性が争われた訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は「合憲」との初判断を示した。大法廷は「婚姻を直接制約したものではない。制度はわが国に定着し家族の呼称として意義がある」と指摘し、原告側が求めた選択的夫婦別姓導入には「国会で判断されるべきだ」とした。

私は選択的夫婦別姓制度には賛成だが、同姓でなければならない現在の制度が違憲かと問われたら、違憲とまでは言えないと思う。夫の姓に変えることを強制しているわけではないので、別に法律自体が男女差別をしているわけではない(不便を生じさせているかどうかは別として)。合憲という判決は妥当なのではないか。問題は、その先の運用を考えたときにどういう制度にすべきかであって、まさに「国会で判断されるべき」ことだと思うのである。

そういう意味で、別姓制度に変えたい人たちが違憲性の裁判を起こしたのは「作戦ミス」だったのではなかろうか。合憲判決によって(選択的)別姓がダメとされたわけではないのに、そうであるかのような印象を世間に与えてしまうからである。合憲であることは現制度を維持するための必要条件に過ぎないが、十分条件であるかのように思う人はいるだろう。

ただ、前のエントリで書いたような「民法上の氏」「戸籍法上の氏」の関係を知ると、現在の制度は、違憲とは言えないまでもいびつなことになっていると思えてくる。やはり選択的夫婦別姓制度を採るのが一番いいのではないか。

選択的夫婦別姓制度について(2)

サイボウズ社長の青野慶久さんが、選択的夫婦別姓制度に向けての訴訟をすると表明されている。

note.mu

この記事によると、

ここで、「民法上の氏」と「戸籍法上の氏」の2つの氏があることに注目します。通常は一致していますが、一致しないこともあります。例えば、「鈴木」さんが結婚して、民法上も戸籍法上も「佐藤」さんに改姓したけれど、その後、離婚して「民法上の氏」は「鈴木」に戻る。しかし、「戸籍法上の氏」、すなわち「呼称上の氏」は「佐藤」を使い続けている状態です。これは法律上、既に認められています。

今回の訴訟のゴールは、その2つの氏の不一致を、離婚時に加えて結婚時にも適用し、「戸籍法上の氏(=呼称上の氏)」として旧姓を使い続けられるようにしよう、というものです。

そうだったのか。「民法上の氏」「戸籍法上の氏」の2つがあるとは知らなかった。結婚して姓を変えたあと離婚しても旧姓に戻さない人(多くは女性)がいるのは戸籍上どういうしくみなのだろうとかねがね思っていたのだが、「民法上の氏」のみ戻しているということなのか。長年の疑問が解けた。

それなら確かに、結婚時にも「民法上の氏」のみ変更して「戸籍法上の氏」は変えないようにできるようにする、という変更(訴訟での提案)は合理的なように思える。

というわけで、ますます選択的夫婦別姓制度に賛成する気持ちになってきた。

上記の「ゴール」については、以下の記事で詳しく解説されている。これらを読んで、今回の提案がよく理解できた。

ameblo.jp

ameblo.jp

www.huffingtonpost.jp

「民法上の氏」と「戸籍法上の氏(呼称上の氏)」については以下の記事で詳説されている。

choutei.net

選択的夫婦別姓制度について(1)

ここ何年か、選択的夫婦別姓制度についての議論が高まってきている。

www.moj.go.jp

私は賛成である。なぜなら、特に反対する理由がないし、別姓にしたい人にとってはいいことだろうから。

私自身は、結婚する時に妻にこちらの姓に変えてもらった。結婚を決めたあと「名字どうする?」と切り出す時には結構緊張した。私は変えたくなかったが、夫の方に合わせなければならないという正当な理由などない。妻に「変えたくない」と言われたらどうしようと思ったものだった。

そのあと子供たちも含めて長年同じ姓でやってきたから、今さら別姓にする(妻が旧姓に戻す)のはいやだし、「これから結婚する人は全員別姓」という制度にするというなら反対だが、同姓か別姓かを選択できるのなら何ら反対する理由がない。

私が独身だったとしても賛成したと思う。選択的夫婦別姓制度になって、これから結婚するとして、妻になる人に「名字を変えたくない」と言われたら、子供のことなど含めて、よく話して決める。それだけのことである。

反対する人の中には、夫婦同姓という「日本の文化」を守ろう、という人もいる。それがどれほど「日本の文化」なのかはともかく、社会の状況からしてそろそろ手放す時期ではなかろうか。着物から洋服に変えたように。

この問題に関していろんな記事を読んだが、「選択的夫婦別姓、是か非か」については、私の意見は上に書いた以上でも以下でもなく、特に真新しい主張はない。