米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

四季 春(森博嗣)

四季 春 (講談社文庫)

四季 春 (講談社文庫)

S&Mシリーズにも登場する真賀田四季を描いたシリーズ(だと思う)の第1作。

天才科学者・真賀田四季。彼女は五歳になるまでに語学を、六歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。あらゆる概念にとらわれぬ知性が遭遇した殺人事件は、彼女にどんな影響を与えたのか。圧倒的人気の四部作、第一弾。

作者が紹介ページの中で「『四季』という1つの作品です。ですから、本当はシリーズではありません」と書いているように、この「春」で何かの区切りがついた感じはあまりない。殺人事件を主軸として話が展開するわけではないから、ミステリーとして解決しても1つの話が終わった気はしない。

どうやらこのシリーズは本格的なミステリーではなくファンタジー寄りの路線のようだし、私は真賀田四季にそれほど思い入れがないので、あと3冊読むのはちょっとしんどいなと思い始めている。でもこれ1冊読んだだけでは何もわかっていない状態で終わりそうである。「冬」まで読み終わった時に何を感じられるかを楽しみにしながら読み進めることにしよう。