米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

MacOS X Lion導入に一苦労

最近は自宅ではiMacを使っている。Windowsから乗り換えて数ヶ月、なかなか快適なMacライフ。もともと持っていたiPhone, iPad, iPodとの相性も当然のことながらいい。

MacOS Xの新バージョン"Lion"がリリースされたので、iMacをLionにアップグレードすることにした。AppStoreで2600円。安くなったものである。しかしこれの導入が一筋縄ではいかなかった。

手順に従ってLIONをインストールしようとすると、「インストールできません」と言われるのである。「詳細はここを見ろ」というメッセージに従うと、以下のページが出てくる。

読んでみると、どうやらBoot Campパーティションを切ってWindowsを入れていることが影響しているようである。

Usually, this message appears in one of two scenarios:

  • The disk you are installing Lion on is a RAID volume
    or
  • The disk has a non-standard Boot Camp partition setup, where further partitioning was performed after running Boot Camp Assistant, or the configuration that Boot Camp Assistant created was manually modified

RAIDは入れていないので、該当するとしたら2つ目だが、Boot Camp AssistantでWindowsパーティションを作ったあとでいじったことはない。おかしい。

しかし、インストールできないものはしょうがない。非常に面倒だが、ページの指示に従って、

  1. MacOS側とWindows側のフルバックアップをとる
  2. MacOSWindowsの2つのパーティションになっているハードディスクを、MacOSが全部を使うように切り直す(Windows側の内容は消える)
  3. MacOSをLionにアップデート
  4. Boot CampWindows用のパーティションを作成する
  5. Windows側の内容をバックアップから戻す

という手順を行うことにした。ついでに、Windows側のパーティションが小さすぎたので、4.では今までより大きくしようと思った。

1.では、MacOSの方はTime Machineでバックアップをとってあるのだが、念のために別の方法でもバックアップをとることにした。Windowsの方は当然フルバックアップ。合わせて相当な時間がかかる。

2.でパーティションを切り直してもMacOS上の内容は一切失われないのには感心した。しかし、4.までの過程でなぜかMacOSが立ち上がらなくなってしまい、結局バックアップから復元することに(DVDから起動することにより全体を一度に復元できる)。そのあと改めてLionにアップデート。

5.ではバックアップから戻す際、パーティションのサイズが変わっていると「全部(システムイメージ)をまるごと戻す」ということはできないということがわかった。したがって、 Windowsを再インストール→ユーザファイルをバックアップから復元→主要アプリケーションを1つ1つインストール という非常に面倒な手順をふむことになってしまった。

そんなこんなで、ほとんど2日がかりでLionの導入を終えた。副産物として、Windows側のパーティションサイズを大きくすることができた。

教訓は以下の通り。いずれも当たり前のことだが。

  • OSのアップデートは時間が十分ある時に行う
  • 一度にいくつものことをやろうとしない
  • バックアップは絶対にちゃんととっておく

肝心のLionの新機能だが、まだあまり使っていない。目立つのは、マウスのタッチスクロールの向きが逆になったこと。タブレットと同じように、下にさするとコンテンツが下に動く(今まで逆だったということに気づいていなかった)。慣れてはくるのだが、Windowsを使う時とはずっと逆でいかなければならない。