米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

手持ちのメディアの映像をハードディスクに保存する(2)

昔DVテープに録画した映像を、DVテープムービーのDV端子から劣化なしにPCに取り込んで、PC上で変換するなり何なりしてハードディスクに保存しようと思ったところから。

取り込むにはPCにIEEE1394のインタフェースがないといけない。デスクトップPCだとついているものもあるらしいが、うちはノートPCなので拡張しないといけない。PCMCIAのIEEE1394カードが必要になる。

高いものではないのでカードは手に入れるとして、取り込んだあとどういう形式でハードディスクに保存するか? 無圧縮ではバカでかいサイズになるだろうし、圧縮するなら画質がほとんど劣化しない形式にしたいし。何がいいのか...と考えて何年も放置していた。

ちゃんと調べてみると、無圧縮でAVIファイルにした場合にはDVテープ1時間(標準速1巻分)で13GBほどのサイズになるらしい。確かにでかいのだが、最近はハードディスクが安いから大したコストにならない。2TBの外づけドライブで実売2万円を切っている。ということは1GBあたり10円未満。テープ1本あたり130円もかからない。たまっているテープは50本弱。600GBぐらいにはおさまりそうである。

であれば、映像の他にもいろいろ保存したいものがあることだし、この際2TBのハードディスクを買って、DVテープから取り込んだ映像を無圧縮のAVIファイルで保存しておき、そのあとどうするか(そのままPCで観るということでよしとするのか、ブルーレイにでも落としてレコーダで観るのか、など)はゆっくり考えればいい。コストの問題を時が解決してくれたということになる。

というわけで、「無圧縮のAVIファイルで保存する」ということに決定。PCMCIAのIEEE1394カードはI・O DATAのこれを注文した。

I-O DATA CB1394L CardBusスロット用 IEEE1394インターフェイス PC

I-O DATA CB1394L CardBusスロット用 IEEE1394インターフェイス PC

このカードのIEEE1394端子は6ピン、ムービーのDV端子は4ピンなので、変換ケーブルも。
【1900年モデル】ELECOM フェライト内蔵IEEE1394[6pin-4pin]ケーブル 1.0m IE-FS461

【1900年モデル】ELECOM フェライト内蔵IEEE1394[6pin-4pin]ケーブル 1.0m IE-FS461

で、ハードディスクはこれ。価格.comでチェックしたらAmazonが最安で、2万円を切っていた。
BUFFALO 外付けハードディスク BuffaloTOOLs添付 2.0TB HD-CB2.0TU2

BUFFALO 外付けハードディスク BuffaloTOOLs添付 2.0TB HD-CB2.0TU2

つづく。