米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

ダリの繭(有栖川有栖)

ダリの繭 (角川文庫)

ダリの繭 (角川文庫)

なんか中途半端な作品。サルバドール・ダリを持ち出してくる理由がよくわからない。モチーフが活かされていないと思う。それに、真相が小出しに明らかになっていくので、謎解きのカタルシスを得ることができなかった。作家アリスシリーズは舞台が関西なので親近感は持てるのだが。