全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

白馬山荘殺人事件(東野圭吾)

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

白馬山荘殺人事件 (光文社文庫)

初期の作品。マザーグースの暗号解きを含めて、謎解きは普通か。東野作品には必ず人間ドラマがあるのだが、この作品ではちょっと入り組みすぎという感じがした。

作者が「マザーグースの宿の殺人」というタイトルにしようとしたのを出版社の意向で「白馬山荘殺人事件」に変えられたらしい。「マザーグースの宿の殺人」の方が内容に合ってるし与える印象も強いと思うけどな。