米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

さよなら妖精(米澤穂信)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

米澤穂信は「インシテミル」しか読んだことがなく、それだとどうもこの作家について偏ったイメージを持つことになるような気がしたので、友人に薦められたこれを読んだ。

1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。謎を解く鍵は記憶のなかに―。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。「犬はどこだ」の著者の代表作となった清新な力作。

マーヤがいる間のいくつかの「日常の謎」と、ユーゴスラビアへ帰ってからの「最大の謎」。前者はどれもそれほど気の利いたものではなく、後者も謎解きとしては複雑なものとは感じられなかった(謎解きの「趣向」としてはユニーク)。一番の謎は、それほど日本語が達者でないと思えるマーヤが時々やたら難しい単語や言い回しを知っていることか。ともかく、この作品は謎解きに注目するのではなく、小説として物語全体を味わうものだという気がする。

1991年に始まったユーゴスラビア紛争はもちろん覚えているのだが、恥ずかしながらあまり詳しいことは知らなかった。それを勉強するよい機会になった、というだけでなく、心に大きな余韻を残す物語ではあった。扉の紹介文には「清新なボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ」という書き方がしてあるのだが、それはちょっと軽すぎる。