全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

人形館の殺人(綾辻行人)

人形館の殺人 (講談社文庫)

人形館の殺人 (講談社文庫)

館シリーズ第4作。「人形館」という名前から想像されるおどろおどろしい感じはさほどなかった。それでもシリーズの中でかなり異色な印象を受ける(まだ後続の作品を読んでいないが)。解説(太田忠司)にもそうある。作者は「文庫版あとがき」で、この作品のことを「ある意味でひどくいびつな形をした代物」と書いている。

そのせいか、Webでの書評は「館シリーズの中でも好きな作品」という人と「今ひとつ」という人に大きく分かれるようである。私は後者かな。推理小説としては「十角館」「迷路館」の方が優れていると思うし、このトリックは好きになれない。小説としての雰囲気は「水車館」の方がよかった。実はある理由から、私にはとてもなじみやすい小説ではあるのだが。