全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

13階段(高野和明)

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)

Amazonの紹介文より。

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。2人は、無実の男の命を救うことができるのか。江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。

たて続けに傑作を読んだ。この作品もすばらしい。超オススメ。

「死刑制度」そして「罪の償い」。これらの重いテーマについて深く考えさせられる。さらにミステリーとしても一級品だと思う。

映画化されているが、そちらは今ひとつらしい。解説の宮部みゆきもそう書いていたし、作者自身もそう言っているという。興味のある人は、ぜひ原作の方で。