全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

どんどん橋、落ちた(綾辻行人)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

短編集。館シリーズとは全く趣きが異なる。5つの短編にはいずれも作者の綾辻行人自身が登場し、彼が他の人からミステリーを聞くという形式で書かれる。

どの話も、真相を当てるのは非常に困難。表題作「どんどん橋、落ちた」ではしかけの根っこはわかったのだが犯人は当てられず。

「伊園家の崩壊」は「サザエさん」の登場人物・家族構成のパロディを下敷きにしている。推理小説としての出来はともかくとして、あまりにもブラックなせいか、読後感のよい話ではなかった。