全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

そして扉が閉ざされた(岡嶋二人)

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

Amazonの紹介文より。

富豪の若き1人娘が不審な事故で死亡して3カ月、彼女の遊び仲間だった男女4人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた!なぜ?そもそもあの事故の真相は何だったのか?4人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は?極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。

これはすごい。傑作である。超オススメである。

真正面からの本格推理。現場検証もできないシェルターの中での素人4人による推理でだんだんと真相が明らかになっていく過程が圧巻。真犯人がわかった時はただただ感嘆した。

こういう作品に出会えるのも、Webでいろんな書評を読めるおかげだろう。マニアには有名な作品なのだろうけど。岡嶋二人(= 井上泉 + 徳山諄一)の他の作品や、コンビ別れしてからの井上夢人の作品にも興味が湧く。