全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

"How are you?"と聞かれたら

英語のあいさつで"How are you?"(あるいは"How are you doing?")と言われるのが未だに苦手である。「えーと、"Pretty good"にしとくか? いや、"Just so so"でいくべきか? それともあまり調子よくないからいっそ"Not so good"と言っておくか?」と迷い、どれかを言ったあとも「やはり"And you?"と聞き返すべきか?」とまた迷う。相手がこちらの調子を真剣に聞きたがっているのではないことはわかっているので、いつも"Pretty good"とか"Fine"と言っておけばいいのだろうし、別に"And you?"と聞かなくても問題ないのだろうが、その場になるとやっぱり考えてしまう。

普段日本語では「こんにちは」「こんにちは」とか「おはようございます」「おはようございます」と同じことを言い合うあいさつしかしないので、"How are you?"と「質問」をされるとどういう「回答」を返すかいちいち考えてしまうのである。また日本人で"How are you?"と言われて思わず"How are you!"と返してしまう人がいるが、気持ちはよくわかる。自然にサラリと応対できるようになるためには年季が必要になりそうである。