全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

mihimaru GTにはまる

mihimaru GTの最新アルバム「mihimagic」を買ったという話を先日書いたが、それから毎日こればかり聴いている。

収録曲の中では、シングルで出ている「気分上々↑↑」や「いつまでも響くこのmelody」「マジカルスピーカー」なんかもいいが、他にも「Drum-Line」「Over Drive」など、何度も聴きたくなる曲が多い。今年聴いた(ブルーグラス以外の)アルバムの中では一番かも。

三宅光幸のしっかりした曲づくりとアレンジがあって、その上でhirokoの伸び伸びとしたボーカル。黄金コンビである。思えばPSY・Sもそうだった。

ただ、ラップはもっと少なくてもいいのにと思う。ラップ自体に特徴がある(イメージとしてはスチャダラパーのような感じ)わけではないので、別に毎曲ラップをあんなに入れる必要はないと思うのである。好みの問題だが。