米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

ブログを書くのは「自分の考えを整理し、書き残しておくため」

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

はてなブログの「今週のお題」に応募してみる。

どんなときにブログを書きたくなるか?

ネタを思いついたときである。「これについて書きたい」というのが頭の中に出てきたとき。それはつまり、自分の考えを書き記してみたくなったとき。

私の場合、ブログを書く一番の動機は「自分の考えを整理し、書き残しておくため」である。考えたことを一度文章にしてみる。書き残しておく。ブログは誰でも読めるものなので、公序良俗に反しない、理屈の通った、誰が読んでも意味がわかりそうな、ちゃんとした書き方をするようになる。それがよい抑制・刺激になる。

ブログを書くのは今の自分のためであり、未来の自分のためでもある。自分が書いた文章をあとで見て、思い出したり再考したりすることができる。昔の自分のエントリを読み直すのは楽しい。何を書いたかはかなり忘れていて、かつ昔の自分と今の自分の感覚はほとんど同じなので、常におもしろい。

アクセス数が多いか少ないかは気にならない。多いとうれしいことはうれしいし、特にコメントなどで反響があると素直にうれしいが、ほとんど誰も読んでいなくても別に構わない。だからといって自分しか読めないところに書いてもあまり意味はない。誰でも読めるところに書くことこそが大事なのである。

こういう動機でブログを書いている人は少ないのだろうか?