米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

軽井沢マジック(二階堂黎人)

軽井沢マジック (講談社文庫)

軽井沢マジック (講談社文庫)

1997年、水乃サトルシリーズ第1作。

ファッションもクルマも超一流のイケメンなのに、なぜか周囲から変人扱い。そんな上司の水乃サトルをひそかに慕う美並由加理は、出張帰りに軽井沢で途中下車しようと誘われてドキドキ。ところが二人が降りた特急から血塗れの死体が見つかって…。名探偵水乃サトルが誕生した記念すべき長編ミステリー。

二階堂蘭子シリーズとは打って変わって軽いノリの作品。ちなみに、「ファッションもクルマも超一流」というのは実は事実ではない。

しかけはなかなかおもしろくて、確かに理屈は通っているのだが、解明の過程があっさりしすぎていて、どうしてそう推理したのかが全然わからない。水乃サトルが千里眼であることだけが後に残る。たとえば京極堂とかなら推理の過程がわからなくても納得してしまうのだが、この人にはそこまで入れ込めなかった。

軽いノリはあまり得意でないような気がするなあ。古風で重い蘭子シリーズの方がいい感じ。次はそっちを読むことにしよう。