米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

白銀ジャック(東野圭吾)

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

白銀ジャック (実業之日本社文庫)

東野圭吾最新作。新しい作品はいつも文庫になるのを待って読むのだが、これはいきなり文庫で刊行された。実業之日本社文庫の創刊による企画の一環か。いずれにしても読まないわけにはいかない。

それにしてもタイトルがダサい。もうちょっと気の利いたのにならないものか。たとえば昔の東野作品によくあった漢字2文字のタイトルをつけるとしたら... としばらく考えたが、いいのが思い浮かばない。

ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――
「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

東野圭吾の文章なのですぐに入り込んでいけるし、ストーリーとしても気持ちのよいものではあったのだが、どうも物足りなさが残る。気持ちよくさせるだけではなくて、倫理観をゆさぶられるような作品を書いてほしいなと思う。昔のいくつかの作品のように。特にこの作品のようにサスペンス仕立てになっていると、深いところで人間の心の葛藤をえぐってくれることを期待するのだが、それがあまりなかった。

終わり方もちょっと...。きれいに終わらせようとしすぎている気がして、かえってモヤモヤしたものが残る。

この作品は、しばらくスノーボードにのめり込んでいたという作者(その様子を書いたエッセイ「ちゃれんじ?」はまだ読んでいないのだが)が満を持して出したスキー場もの、という見方もできる。スキーやスノーボードが好きな人なら、随所に出てくるスキー場や滑走の描写は楽しめるのかもしれないとは思う。