米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

コズミック 流(清涼院流水)

コズミック流 (講談社文庫)

コズミック流 (講談社文庫)

「コズミック世紀末探偵神話」(1996年)を二分冊にしたうちの上巻。

「1年に1200人を密室で殺す」警察に送られた前代未聞の犯罪予告が現実に。1人目の被害者は首を切断され、背中には本人の血で「密室壱」と記されていた。同様の殺人を繰り返す犯人「密室卿」の正体とは? 推理界で大論争を巻き起こした超問題作。

前から「コズミック」や「ジョーカー」という作品が気になっていた。どうも普通のミステリー小説ではないらしい。壁投げ本だと言う人もいれば絶賛する人もいる。それに清涼院流水(清涼飲料水からのもじり)というふざけたペンネーム。

「コズミック」は「コズミック 流」(上巻)と「コズミック 水」(下巻)、「ジョーカー」は「ジョーカー 清」(上巻)と「ジョーカー 涼」(下巻)に分かれているので普通は「流→水」および「清→涼」という順に読むのだと思うが、「まえがき」で作者は以下の順番で読むことを勧めている。

  • コズミック 流 → ジョーカー 清 → ジョーカー 涼 → コズミック 水

この「清涼 in 流水」の順番で読むと「生涯で未体験の刺激」が得られるそうである。どういうことか全然わからないが、どうせなら、というわけでその順で読むことにした。

で、「コズミック流」。とにかくたくさんの人が「密室」で殺される。まだまだこれから。感想を書く段階にはない。ただ、思ったより文章が読みやすい。その点は助かった。壁投げ本かもしれない上に4冊読まないと完結しないのがわかっているので、読みにくかったら投げ出してしまうところだった。