米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

捩れ屋敷の利鈍(森博嗣)

捩れ屋敷の利鈍 (講談社文庫)

捩れ屋敷の利鈍 (講談社文庫)

Vシリーズ第8作。

エンジェル・マヌーヴァと呼ばれる宝剣が眠る“メビウスの帯”構造の巨大なオブジェ様の捩れ屋敷。密室状態の建物内部で死体が発見され、宝剣も消えた。そして発見される第二の死体。屋敷に招待されていた保呂草潤平と西之園萌絵が、事件の真相に至る。S&MシリーズとVシリーズがリンクする密室ミステリィ

シリーズ中ではかなり異色の作品。レギュラー陣4人のうち活躍するのは保呂草潤平だけで、代わりになんとS&Mシリーズの西之園萌絵が登場する。国枝桃子も一緒に。保呂草潤平と西之園萌絵の対決(?)は見ごたえがある。両シリーズをここまで読んできた読者ならではの体験。

そして、メビウスの輪(帯)構造の建物という発想がユニーク。科学技術館などによく傾いた部屋があるが、メビウスの輪というのは考えたこともなかった。世の中には酔狂な建物を作る人がいるから、本当にあってもおかしくないが。

登場人物や建物だけではなく、焦点の当てられているところも他の作品とは異なる。密室にこだわるところは相変わらずだが、犯行の真相のうちある点については「え? それだけ?」と思った。しかしこれはわざとだと考えられる。そういう作品なのである。

この作品、夜遅くに読んでいたので、読み終わったらすぐ寝ようと思っていたのだが、最後まで読んだらどうしても気になることが出てきて(誰でもそうなると思う)、ウェブのネタバレ感想を検索してしまった(そういえば「イニシエーション・ラブ」でも同じことをしたな)。そこである仮説を知って驚愕。確かにそう仮定すると説明がつく。S&Mシリーズでも仰天させられたことがあったが、さすがは森博嗣、よく考えて作られているなあとただ感心。