米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

商品情報紹介時のフォーマットが変更に

本やCDの感想を書く時はAmazonのページへのリンクを入れているが、このためのはてなasin記法で出てくる情報がまた変わった。

  • タイトルのリンクは、要望が多かったため、はてなキーワードの asin ページではなく Amazon.co.jp へ直接リンクするようになりました
  • asin ページへは、「この商品を含むブログ(○○件)を見る」をクリックすることで移動することができます
    • このとき、該当商品について言及しているブログの件数がわかるようになりました
isbn/asin 記法(商品情報)のフォーマットを変更しました - はてなダイアリー日記

タイトルや画像のリンク先は長らくはてなキーワードasinページになっていたので、はてなとしては「譲れない仕様」なのかと思っていたのだが、そうでもなかったということなのか。ブログの件数の方は、「この商品を含むブログ」がどれなのかがクリックしてすぐにわからないのがスッキリしないところ。

↓例として、件数の多そうな本の情報を入れてみる(未読)。

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1