米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

嫌獣権

私の住んでいるマンションはペット(犬猫)を飼うことに寛容である。しかし最近、エレベーターでペットが大小便をしたりベランダでほえてうるさかったりといった被害がよく発生しているため、各戸に対して「どういうペットを飼っているか」という調査が行われている。調査してどうするのかはわからないが。

私は動物が苦手なのでペットは飼わない(幸い子供たちも今のところ飼いたいとは言わない)。他人に飼うなと言うつもりはないが、迷惑をかけられるのは御免こうむりたい。実際、エレベーターにオシッコのにおいが充満していた時は閉口した。こういうのは飼い主が掃除すべきだと思う。

時々ペット連れの人とエレベーターで一緒になる。短い時間でも、せまいところで動物といるのは不快なことである。ちなみに「エレベーターにペットを連れて乗る時は抱きかかえる」という規則になっているのだが、守っていない人が多いし、抱きかかえられていると飛びかかってきそうでかえって気になる。

最近は同乗するのをやめた。同じエレベーターに乗ろうとする人がペットを連れている場合は自分は乗らずに先に行ってもらい、次のを待つことにしている。

しかしこちらの気持ちはなかなかわかってもらえない。先日も犬連れの人が先に乗っていたので、乗らずに「先に行ってください」と言ったら、「どうぞどうぞ乗ってください」と何度も勧められた。こっちは犬と一緒に乗りたくないから言っているのに。そんな人間がいるなどということはペット好きの人には想像の外なのだろうか。