米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

女囮捜査官(4) 嗅覚(山田正紀)

女囮捜査官〈4〉嗅覚 (幻冬舎文庫)

女囮捜査官〈4〉嗅覚 (幻冬舎文庫)

このシリーズもあと2作を残すのみ。ふと気が向いたので読む。

連続放火事件の捜査現場で女性の全裸死体が発見された。全身のムダ毛を剃られ、日焼け止めクリームをくまなく塗られた遺体の傍には被害者を模したユカちゃん人形が…。犯人の狙いは? そして二つの事件の接点は? やがて第二、第三の遺体もユカちゃん人形とともに発見された。人形に込められた意味は何なのか? 好評本格推理シリーズ第四弾!

「二つの事件の接点」も「人形に込められた意味」もどうも中途半端な気がして、読み終えた時はすっきりしなかった。それでもたくさんの要素が複雑にからみ合ったストーリーになっているのは期待通りで、読み返してみると巧妙な構成と周到な伏線が理解できてくる。

しかし、このシリーズの本道(というのがあるとすれば)からはずれた話になっているのがちょっと不満。北見志穂はほとんど普通の捜査官として動いているだけで、おとり捜査は申し訳程度だし、「女性捜査官・志穂 vs. 男の刑事たち」という構図もなぜか一応収まったことになってしまっている。相棒・袴田の行動もどうもピンとこない。コンビとしての活躍が見たかった。

最後の「女囮捜査官(5) 味覚」はシリーズの締めくくりにふさわしい話だといいのだが。