米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

赤い指(東野圭吾)

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

読む気をそそられるタイトル。2006年の作品。文庫化を待っていた。ハードカバーの印象的な表紙(指ではなく背景の方が赤い)から一転してあまり特徴がない表紙になっている。

少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は? 家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。

期待にたがわないよい作品だった。「視点」の1人である前原昭夫と自分の年代が重なることもあってかなり重い話だったのだが、最後までたどりつくと予想外にすがすがしい気分になれる。

途中で出てくる「アイデア」はかなりえげつないし、それが実行された末に明かされる真相には少し無理があると思える部分もある。しかしこれらが話をグッと引き立てている。東野作品の中では「レイクサイド」に似ている部分もあるが、それより「秘密」と共通するところを強く感じた。

中学生の息子があくまでも幼稚に描かれていて彼に感情移入できない分、重い気分にならなくてもすむようになっているのは作者の配慮か。「さまよう刃」でもそうだったが、未成熟な若者の描写には容赦がない。

加賀恭一郎が登場するのはこれで何作目になるのだろう。この作品ではすでにかなり実績を積んだ刑事として描かれている。父に対する彼の態度は、これまでの作品での父との関係を考えると「なんでそんなことを?」と戸惑わされるのだが、最後まで読んで納得した面あり、納得できない面もあり。