米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

サンタラ Live at 梅田シャングリラ

サンタラのライブ(9/6 大阪)に行ってきた。6月のライブの時に買ったチケットで。椅子なしの会場のため立ちづめで疲れたが、よいライブだった。サンタラの2人だけでやっていた前回と趣向を変え、今回はベースとドラムが加わったバンド編成。

  • 新しい曲が中心だった。古い曲も「バニラ」「思い過ごしの効能」などいくつか演奏。前回のライブでは新アルバム「It’s So Easy」の発売前だったのでその中の曲は知らずに聴いたわけだが、今回は予習ずみ。曲をあらかじめアルバムでよく聴いておくのは、メリットが2/3、デメリットが1/3ぐらいかな。知らない方が新鮮に聞こえることもある。
  • 田村キョウコさんのボーカルはますます磨きがかかった感じ。思えば最初にサンタラのアルバムを聴いた時、この独特のボーカルにはまるかどうかがファンになるかどうかの分かれ目だと思った記憶がある。私は見事にはまってしまった。
  • 砂田和俊氏はやはりアコースティックギターの人だと思った。エレキより弾き方に年季が入っている。アレンジもアコースティックの時の方が完成度が高いような気がする。

また行きたい。まわりにサンタラファンが増えて、一緒にライブに行ってくれる人ができるともっといいのだが。