米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

血液型BBとBO(4)

血液型BBとBO(1)」で、「『うちは家族4人ともB型です』と言うとギョッとする人が多い」という話を書いたが、日本の「夫婦+子供2人」の家庭において4人全員が同じ血液型になる確率というのはどのくらいなのか。(3)で導いた、日本人における各遺伝子対の割合を用いて計算してみる。

  • 4人全員がA型: 夫婦ともにA型(AA or AO)である確率から、夫婦ともにAOでかつO型の子供が1人でも生まれる確率を引く
     0.39^2 - 0.31^2 \times (1 - (\frac{3}{4})^2) = 0.11 (11%)
  • 4人全員がB型: 夫婦ともにB型(BB or BO)である確率から、夫婦ともにBOでかつO型の子供が1人でも生まれる確率を引く
     0.22^2 - 0.19^2 \times (1 - (\frac{3}{4})^2) = 0.033 (3%)
  • 4人全員がO型: 夫婦ともにO型(OO)であれば子供もO型になる
     0.29^2 = 0.084 (8%)
  • 4人全員がAB型: 夫婦ともにAB型であり、かつ2人の子供の両方にA,B遺伝子が1つずつ伝わる確率
     0.10^2 \times (\frac{1}{2})^2 = 0.0025 (0.25%)

これらを足すと、全員が同じ血液型の家族は「夫婦+子供2人」の家庭の20%以上あるのである。我が家のような「4人全員B型」は3%。ギョッとされるほど珍しいわけではない。