米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

血液型BBとBO(3)

AAとAO、BBとBOではそれぞれAO、BOの方が多いという話は聞くが、具体的に日本ではどのくらいの割合なのか。日本人の血液型の比率と、それが定常状態になっていることから、大体のところを求めることができる。

日本人の血液型別人口比はおおよそA : O : B : AB = 4 : 3 : 2 : 1だと言われている。もう少し正確な数値は調査によって異なるらしいが、検索して得られたA : O : B : AB = 39% : 29% : 22% : 10%というのを採用してみる。かつ簡単のために、遺伝子対を分解した各A, B, O遺伝子が親から子に伝わる確率は常に1/2ずつであることや日本人以外からの流入がないことなど(ハーディ・ワインベルグの法則)が成り立つとする。

A, B, O遺伝子の存在割合をそれぞれ a,  b,  oとすると

  •  a + b + o = 1
  • A型(AA型 + AO型):  a^2 + 2ao = 0.39
  • O型(OO型):  o^2 = 0.29
  • B型(BB型 + BO型):  b^2 + 2bo = 0.22
  • AB型:  2ab = 0.10

となるはず。これらを方程式として解くと

  •  o = 0.54,  a = 0.29,  b = 0.18

よって、各遺伝子対の割合は、大きい順に

  • AO型:  2ao = 0.31 (31%)
  • OO型:  o^2 = 0.29 (29%)
  • BO型:  2bo = 0.19 (19%)
  • AB型:  2ab = 0.10 (10%)
  • AA型:  a^2 = 0.084 (8%)
  • BB型:  b^2 = 0.032 (3%)

BB型がもっとも少ない型ということになる。AO型はO型(OO型)より少し多い。

血液型の構成比は国によってかなり異なる(→ 血液型の確率)ので、AAとAO、BBとBOの比率も国が違えば違ってくるはず。