米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

失踪症候群(貫井徳郎)

失踪症候群 (双葉文庫)

失踪症候群 (双葉文庫)

貫井徳郎の症候群シリーズ三部作の第1作。

「若者たちの失踪の背後にあるものを探って欲しい」依頼に応えて、環敬吾はチームのメンバーに招集をかけた。私立探偵・原田柾一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄。三人のプロフェッショナルが静かに行動を開始する。暴かれる謎、葬り去られる悪。ページを捲る手が止まらない『症候群』三部作第一弾!

(たまき)チームによる極秘捜査という設定はおもしろいのだが、「ページを捲る手が止まらない」というほどではなかったし、暴かれた真相のスケールが大したことなかったのでちょっとがっかり。あと失踪の「手口」も、同じようなエッセンスのものをいくつか読んだことがあったのであまり新鮮味はなかった。

しかし人間ドラマとしては悪くない。1つのテーマのもとに、事件と並行して環チームのメンバーの人生と事件が語られる。この形式は続きそう。この作品を薦めてくれた友人にも「とにかく3作とも読むこと」と言われている。あと2作、「誘拐症候群」「殺人症候群」も読んでから改めて振り返ることにしよう。

この文庫版の解説には、本作自体のネタバレに加え、「慟哭」と「誘拐症候群」のネタバレまで含まれている(ちゃんと警告はされているが)。「慟哭」は既読なので問題なかったが「誘拐症候群」はこれからなので、解説を最後まで読めなかった。