米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

ボーン・コレクター(ジェフリー・ディーヴァー)

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

後に「ウォッチメーカー」などを生み出すリンカーン・ライムシリーズの第1作。

ケネディ国際空港からタクシーに乗った出張帰りの男女が忽然と消えた。やがて生き埋めにされた男が発見されたが、地面に突き出た薬指の肉はすっかり削ぎ落とされ、女物の指輪が光っていた…女はどこに!? NY市警は科学捜査専門家リンカーン・ライムに協力を要請する。彼は四肢麻痺でベッドから一歩も動けないのだが…!?

鑑識捜査もの。警察の緻密な科学捜査を描いているという点では「検屍官」シリーズを思い出させるが、雰囲気はまるで違う。犯行現場の鑑識が基本なので捜査自体には動きがある一方、逆に主人公が四肢麻痺で動けず病室から指示を出すというのはユニーク。

微小な物的証拠から真相究明の手がかりを発見していくプロセスと科学捜査のウンチクはおもしろいのだが、意地悪な見方をすれば上下巻にわたって同じようなことの繰り返しが行われる上に、時間的猶予の感覚がわかりにくい(犯人がまだ捕まっていないのに主要メンバーがみんなしてグッスリ寝たりするし)ので、ちょっと緊迫感に欠けたか。

結局この事件はどうおさまるのだろうと思っていたら、真相は確かに意外だった。しかしある意味で事件よりも重要なもう1つの問題について、この結末はちょっと御都合主義的...だと言ったら酷か。まあシリーズはずっと続いていくのだから、そっちの方の結論は最初からわかっているのだが。