米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

「本陣殺人事件」を観る

本陣殺人事件 [DVD]

本陣殺人事件 [DVD]

レコキンさんの薦めで購入。横溝正史同名小説の映画化。ATG(日本アート・シアター・ギルド)配給。横溝正史ブームが来る前の1975年に作られていた作品である。

なかなかよくできていると思った。原作の怪しい雰囲気がうまく表現されている。またストーリーの要所要所をきっちり押さえているので、駆け足にならず、かつ間延びした印象もない。本ではピンとこなかった密室トリックも、映像で見るとわかった気になれた。

キャストもうまくはまっている。特に一柳鈴子役の高沢順子が妖しくてよい。金田一耕助役は中尾彬。最近バラエティでしか見ないこの人の演技をちゃんと見たのは初めてかもしれない。袴ではなくジーンズ姿。賛否両論ありそうな感じだが、まあこれもありかなと思う。原作通りの袴の方が自然だとは思うが。

本筋とはあまり関係ないが、オープニングでも途中でも執拗に登場する、火花が飛ぶような映像。あれは一体何なのだろう。最後までわからなかった。