米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

アイルランドの薔薇(石持浅海)

アイルランドの薔薇 (光文社文庫)

アイルランドの薔薇 (光文社文庫)

北アイルランドの統一を謳う武装勢力NCFの副議長が、スライゴーの宿屋で何者かに殺された! 宿泊客は8人――そこには正体不明の殺し屋が紛れ込んでいた。やはり犯人は殺し屋なのか? それとも……。宿泊客の一人、日本人科学者・フジの推理が、「隠されていた殺意」をあぶり出してゆく!
本格推理界に衝撃を走らせた期待の超新星の処女長編!

デビュー作。他の作品と同じく、特殊な状況の中でロジックを駆使して謎が明かされていく。探偵役のフジ1人がやたらさえているのがちょっと興ざめな感じもするが、二重三重のしかけがあって楽しませてもらった。ハードボイルド的カッコよさがほどよく入っていて、読後感も悪くない。最後の章はいらないような気もする(この人の作品ではいつもそう書いてしまうが)。