米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

暗い傾斜(笹沢左保)

1962年の作品。「マジックミラー」(有栖川有栖)の中の「アリバイ講義」で、アリバイトリックの「あるカテゴリ」の作例として挙げられている。正確に言うと、アリバイ講義の中では作品名は伏せられているのだが、「文庫版のためのあとがき」で明かされている。

「あるカテゴリ」に属することがわかるとトリックの一部が想像できてしまう。しかし「○○であるとバラされてしまっては読む気が失せる、と思ったら大間違いの傑作」とあったので読んでみることにした。

確かに○○であったのだが、おもしろいトリックだったので楽しめた。そして古い小説だけに、男女の機微の描き方に今の小説とは違う味がある。「新本格」とそれ以前との一番の違いは、人間模様の描き方にあるのではないかという気もしてくる。推理小説だけではなくて小説全体の流れだというだけのことか。