米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

ここらで今年読んだ本格推理小説からベスト5を選んでみる

1/20に書いた「ある閉ざされた雪の山荘で」を皮切りに、今年はなぜか推理小説をたくさん読んだ。本格推理だと思う作品はこのブログで「推理」カテゴリに入れている。数えてみると、まだここで書いていないものも含めて、今年に入って今日までに77作読んでいる。ここらでそれらの中からベスト5を選んでみることにした。年末までには入れ替わりがあるかもしれないが。

1作家1作までとし、ベスト5の中の順位はつけないことにして読んだ順番に並べる。

森博嗣のS&Mシリーズから入れるかどうか迷ったのだが、安定してどの作品も質が高いものの、どれをベスト5に入れるかとなると思いつかなかった。他に迷ったのは「占星術殺人事件」「イニシエーション・ラブ」「七回死んだ男」あたり。あと、京極夏彦の作品を読み始めたので、その中から上記にとって代わるものが出てくるかもしれないと期待している。