米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

今はもうない(森博嗣)

今はもうない (講談社文庫)

今はもうない (講談社文庫)

S&Mシリーズ第8作。シリーズものというのは、最初の方でアイデアが出尽くしてしまって惰性や出版社の希望で続いている感じのものがあるため、つい「後半になると質が下がるのでは...」と思ってしまうのだが、このシリーズは全くそんなことがないようだ。後半に入った第6作「幻惑の死と使途」以来、むしろ前半より質の高い作品が続いている。この作品もそうだった。

シリーズの中では異色作。第7作までは全て三人称(作者の視点)で書かれていたが、この作品はほとんどの部分が一人称(登場人物による「私」)での記述。中盤まで読む速度が上がらなかったのは、語り手のもっさりした文章のせいかも(この点は「暗黒館の殺人」と同じ)。しかし語り手の年齢が今の私とあまり変わらないからか、西之園嬢とのやりとりには結構気持ちが入ってしまった。

殺人の真相はきれいに解明される。そして驚愕の事実が...。鮮やかだった。密室トリックは見取り図がなくてもよくわかったし、登場人物の間で推理合戦のようにいろいろな仮説が提出されるのもおもしろい。

基本的にこのシリーズは第1作から順に読むのがいいのだが、特にこの作品は予備知識が不可欠。これだけ読んでも本当に楽しむことはできないに違いない。