全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

噂(荻原浩)

噂 (新潮文庫)

噂 (新潮文庫)

Webの書評でふと目にとまって購入。Amazonの紹介文より。

レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。

途中から真犯人と結末を予想しながら読んだら、どちらも当たってしまった。まぐれ。当たったのはマイナス印象にはなるが、当たってさえいなかったら間違いなく「衝撃の結末」だった。ストーリーがしっかりしているし、文章もうまいので、すんなりと物語に入り込み、主人公に肩入れしながら読めた。読後感よし。これは傑作なのかもしれない。

この人はユーモア小説を多く書いているようで、そっちの方にも興味がわく。ストーリーづくりと文章がしっかりしている人は安心感があるからな。