全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

解体諸因(西澤保彦)

解体諸因 (講談社文庫)

解体諸因 (講談社文庫)

タック&タカチシリーズにも手を出すことにしたので、第1作のこれを読む。全ての話がバラバラ殺人を扱った、連作短編集。

といってもタック&タカチコンビ(匠千暁&高瀬千帆)が出てくるのは「第五因 解体守護」だけなのだが、匠千暁は他のいくつかの話で出てくるし、2人以外のシリーズキャラクターも登場する。

ほとんどの短編が「異常な事態の謎を安楽椅子探偵的に解き明かす」というもの。ロジック勝負である。かなり飛躍したところもあるが、そういうものだと思って読めば楽しい。「第四因 解体譲渡」のようなバカバカしい推理小説を書く人はなかなかいない。やはり西澤保彦氏はSFミステリーの人だなと思った。