米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

湖底のまつり(泡坂妻夫)

湖底のまつり (創元推理文庫)

湖底のまつり (創元推理文庫)

泡坂妻夫は「しあわせの書」「乱れからくり」「11枚のとらんぷ」と3作読んでどれも当たりだったので、これにも期待した。そしてはずれなかった。

本格推理小説という感じではなく、東北の山奥の村を舞台にした幻想的なミステリー。謎はしっかりあり、それが明かされる。雰囲気抜群。本当は最後のしかけにちょっと無理を感じたけど、よしとしよう。「湖底のまつり」って何のことだろうと思ったが、読み終わってみるとこれほどふさわしいタイトルはないのだった。