米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

手紙(東野圭吾)

手紙 (文春文庫)

手紙 (文春文庫)

Amazonの紹介文より。

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

私より先に読み終えた妻に感想を聞いたら、一言「重い...」。とても重いテーマである。肉親が重罪で刑務所に入ったら、残された者はどのように生きればいいのか? 主人公の直貴は、兄が強盗殺人犯であるためにことあるごとに世間からの冷酷な仕打ちを受ける。「こんなことなら刑務所に入っている方が楽なのでは?」と思ってしまうほどである。

全編を通じて「あなたならどうする?」という作者の問いかけが聞こえてくる。「さまよう刃」よりも強いメッセージを感じた。直貴の勤める電器製品量販店の社長の存在が大きい。この人は「まっすぐに生きろ」とは言わない。「いついかなる時も正々堂々としているというのは苦渋の選択ではなく、わかりやすく非常に選びやすい道を進んでいるのだ」というのは強烈なセリフだった。

読んだあとの感想は人によって大きく異なると思うが、いろんな人に読んでもらいたい作品。山田孝之の主演で映画化もされている。WOWOWで放映されたのを録画してあるので、こちらも観てみたい。