米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

螢(麻耶雄嵩)

螢 (幻冬舎文庫)

螢 (幻冬舎文庫)

まるで綾辻行人のような館もの。「蛍館の殺人」といったところか。といってもやはり作者が違うと、作品全体にただよう雰囲気はまるで異なる。

主要なしかけの1つには途中で気づいた。おかげで「ええっ!」と驚くべきポイントで「ああ、やっぱり」と思ってしまった。私ごときに見破られたのは減点。もう1つのしかけには見事にしてやられた。こちらは実に巧妙。だまし方にはいろいろあるものだとボク改めて感心。

しかし、殺人事件の真相がどうもあっさりしすぎていて、なんか不満である。どこがどうだとうまく指摘できないのだが、そこに至るストーリーをもうちょっとちゃんと語ってほしかったな。館の雰囲気づくりと「主要なしかけ」に力を入れすぎたのかも。

世間では「麻耶雄嵩らしからぬ作品」という評価が多いようなので、この人の他の作品も読んでみなければならないということになるんだろうな。