米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

本陣殺人事件(横溝正史)

本陣殺人事件 (角川文庫)

本陣殺人事件 (角川文庫)

「本陣殺人事件」「車井戸はなぜ軋る」「黒猫亭事件」の3編を収録。

「本陣殺人事件」は「獄門島」の前にあたる事件である上に、本屋で見たら帯に綾辻行人氏の「読んでいない、では済まされない。全人類必読の名作」とかいう文句があったので手にとった。金田一耕助が密室トリックに挑む。

で、感想としては「まあまあだった」というところか。「全人類必読の名作」とまでは思えなかったのは、私が物理トリックにあまり感心しない方だというのがあるかも。なさけないことに空間把握能力が低いので、図がないとなかなか理解できなかったし...。古い小説だけあって雰囲気は満点なのだが。あとの2編もまあまあ。

レコキンさんに教えていただいた中尾彬版映画はレンタルで観ようかと思っている。