米中毒別館

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

霧越邸殺人事件(綾辻行人)

霧越邸殺人事件 (新潮文庫)

霧越邸殺人事件 (新潮文庫)

吹雪の山荘モノ。霧越邸という建物が大きな役割を果たすので、書きようによっては館シリーズの1つ(「霧越館の殺人」か?)になりえたと思うが、館シリーズではない。

直球勝負の本格推理、かつ綾辻作品独特の雰囲気は健在。ただし「エピローグ」は余計だと感じた。ここで何を言いたいのかがよくわからない。

「霧越邸の謎が明かされないのが不満」という声を目にするが、明かされる必要は別にないと思う。というか、解き明かせるような謎として描かれていないはず。