全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

11枚のとらんぷ(泡坂妻夫)

乱れからくり」に感嘆したので、同じ作者のこれを。こちらは奇術をベースにした話。さすがはマジシャンでもある作者。

作中作として同名の「11枚のとらんぷ」というカード奇術小説集が入っており、これだけでもおもしろい上に、この小説集が事件の解明に重要な役割を果たすというすばらしい構成。楽しませてもらった。

犯人がわかるあたりでの人間模様の描写があっさりしすぎていたのと、終わり方がとってつけたようになっているのがちょっと難点かな。