全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

黒いトランク(鮎川哲也)

黒いトランク 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

黒いトランク 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

横溝作品を初めて読んだついでに昔の本格推理ものを1つということで、鮎川哲也の代表作と言われているこれを。何度も加筆修正されていて、いろんな版が世に出ているらしいが、この光文社文庫版では初刊当時とほぼ同じものが読める。

時刻表とトランク、特に後者のトリックが非常に複雑なストーリーだった。最後まで読んでもまだよく理解できない。それに容疑者をしぼり込んでいく過程がどうも唐突に感じられて、消化不良のまま終わってしまった。

しかし本格推理小説を楽しみたいならこういうのをちゃんと読まないのは「逃げ」のような気がする。少し時間をおいて再読して、トリックをちゃんと理解するようにしよう。