全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

獄門島(横溝正史)

獄門島 (角川文庫)

獄門島 (角川文庫)

ミステリーをいろいろ読みだしたのに、横溝正史作品のことに思い至っていなかった。昔の角川映画での大ブームの印象があって、自分の観る/読むものではないという固定観念を持っていたのだった。評判の高いこの作品を読んでみる。

トリックにはあまり感心しなかったし、トリックと動機のからみにちょっと無理を感じるが、小説としての雰囲気は抜群。その雰囲気とトリックや動機はうまく融合されている。いずれにしても、「自分の読むものではない」というようなものでは全然なかった。

文中に「気ちがい」という言葉がやたら出てくる。しかも「気の狂った状態」のことではなく「気の狂った人」を指す意味で。現在ではいろんなところで自粛されている言葉なので、逆に新鮮だった。

金田一耕助は、事件の謎を鮮やかに解くのはいいが、他の面では結構なさけない役まわり。事件を防ぐという意味では全然役に立っていない。それどころか...。