全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

99%の誘拐(岡嶋二人)

99%の誘拐 (講談社文庫)

99%の誘拐 (講談社文庫)

傑作である。いわゆる倒叙もの(最初から犯人がわかっている)ということになるか。犯人はパソコンと電話回線による通信を駆使して誘拐を行う。そのあたりの技術としては1988年当時のものなので今よりだいぶ古いわけだが、この話を読むのには全く支障がない。犯行手口について「そんなにうまくいくのか」という批判も可能だが、全体のストーリーというか人間ドラマを主眼に読めてしまうのでこれも気にならない。誘拐事件で最大の焦点になる「身代金の受け渡し」についても鮮やかに処理している。

岡嶋二人の作品では私は「そして扉が閉ざされた」の方が好きではあるが、どちらもオススメ。