全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

時計館の殺人(綾辻行人)

時計館の殺人 (講談社文庫)

時計館の殺人 (講談社文庫)

館シリーズ第5作。これまでの中では一番長い話である(先には「暗黒館の殺人」という大作が控えているが)。その長さが気にならないようなすごい話だった。

大がかりなメイントリック。森博嗣によると、メイントリックそのものよりもその出し方がこの作品のポイントだという。「出し方」というのは「ストーリーの中での意味づけのしかた」のようなことだと思うのだが、確かにその通り。トリックが全体のストーリーの中で生きている。「館」そのものもこれまでの中で一番活躍(?)している。

「過去のことが思い出せない」というパターンは「人形館の殺人」でも出てきていて、ちょっと食傷気味かな。でもそんなことは大したことではない。傑作だと思う。