全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

異邦の騎士(島田荘司)

異邦の騎士 改訂完全版

異邦の騎士 改訂完全版

島田荘司は4冊目。記憶喪失の男が目覚めるところから話が始まる。推理小説であると同時に、良質のラブストーリーだった。代表作だと言われるだけのことはある。「この作品を読む前に御手洗潔ものをいくつか読んでおいた方がよい」と聞いていたことにも納得。実際にはこれが一番先に書かれてストックされていたそうである。

これからは御手洗潔シリーズを読む時の見方が少し変わりそうである。いずれにしても、同シリーズの原点ともいうべき作品。