全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

分身(東野圭吾)

分身 (集英社文庫)

分身 (集英社文庫)

東野圭吾のどれを次に読むか迷った末に、とにかく本格推理でなさそうなものから選んだのがこれ。もともとは「ドッペルゲンガー症候群」というタイトルだったらしい。

作品の内容にはあまり触れない方がよさそうである。「本当にそんなことになるのか?」と思ったところもあったし、ストーリーが若干強引な気がしたが、この人の文章にはどんどん先へ読まずにはいられないものがある。おかげで短い時間で読んでしまった。この話をどう終わらせるのかと思いながら読んで到達したラストにはそれなりに納得。