全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

消失!(中西智明)

消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

消失! 綾辻・有栖川復刊セレクション (講談社ノベルス)

知る人ぞ知る傑作、らしい。作者はこの作品しか書いていないという。絶版になっていたが昨年復刊。

被害者が消失する。確かにトリックにはハッとさせられたが、読後感はよくない。ほとんど好みの問題だが、本作のポイントとなる「被害者は○○」「真犯人は△△」というのがどうも好きになれない。それだけの理由ではあるけど、読み返す気にはなれないな。