全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

宇多田ヒカル復活説

昔「宇多田ヒカルスランプ説」「宇多田ヒカルやっぱりスランプ説」というのを書いたのだが、最新曲「Prisoner of Love」はいいですねえ。彼女の持ち味である「緊張感」「切迫感」が戻ってきた気がする。

妻も同意見で、この曲は特に好きだという。そして曰く、「宇多田ヒカルには悪いけど、彼女はあんまり幸せじゃない方がいい曲作れるんじゃない?」。なるほど、そういうことなのか?