全脳自由帳

思いついたことをこまごまと。本の感想なども。

御手洗潔の挨拶(島田荘司)

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)

異邦の騎士」を読む前に御手洗潔ものをいくつか読んでおいた方がよいと聞いたので、3冊目。短編4作。

  • 「数字錠」
    話そのものはよかったが、数字錠の謎解きには拍子抜け。タイトルになってたら期待するではないか。
  • 「疾走する死者」
    斜め屋敷の犯罪」と相通ずるものを感じる。関係ないけど、御手洗潔がギターの超絶プレーヤーだという設定、やりすぎではないか。「少なくとも日本じゃあトップもトップ、断トツもいいとこだぜ」て。
  • 紫電改研究保存会」
    シャーロック・ホームズへのオマージュですな。
  • ギリシャの犬」
    よくできた話。犬好きの御手洗潔には感情移入できないけど。竹越刑事がえらくおとなしくなっていた。